セクシー美女とセクキャバでオトナ時間★梅田ラブガール

色んな名前がある

赤いドレスの女性風俗には様々な職種やジャンルがありますが、風俗に近しい業種で、一つの職種の中でもさらに様々な種類の名前で呼ばれているのは、セクキャバくらいのものではないでしょうか。セクキャバは他にもおっパブやハッスルパブ、お触りパブにお触りキャバクラ等の様々な呼び名が存在しています。ここまでセクキャバの呼び名が多いのは、セクキャバ自体が地域によって異なる名前で営業していることを挙げることができます。実際にすすきのなどではキャバクラとされていますし、大阪など関西ではツーショットキャバクラと言われたりなど、実に様々です。

お触りができる

お酒の入ったグラスを持っている男の人一般的にセクキャバとは女の子へのお触りが可能なキャバクラを意味しており、おっパブやお触りキャバクラと呼ばれる場合はセクキャバと考えて差し支えありません。ハッスルパブとはお酒や会話を楽しむ時間とは別にお触りだけの時間が設定されたセクキャバであり、より過激なことを楽しめる店舗が多い傾向にあります。様々な種類のあるセクキャバなら、自分のやりたいことに合わせた店舗選びも自由に楽しむことができます。

セクキャバの種類

制服姿の女の子1番大きく違うのは店舗によってハードサービスなのかソフトサービスなのかサービスによる部分にはなりますが、服装などコンセプトは店舗ごとに異なっています。電車っぽい店内装飾で制服姿の女の子と遊べたり、学校っぽい店内装飾で制服の女の子と遊べたりと、同じ「制服」衣装の女の子がいるセクキャバでもコンセプトが違えば遊び方や楽しみ方は大きく変わります。

セクキャバ以外にも

お酒を持ってる水着美女卑猥なことよりも女の子といちゃいちゃすることをメインのサービスとしているいちゃキャバでは、サービス内容自体は少しソフト気味です。ほとんどサービス内容はキャバクラと同じですが、服の上からお触りできちゃうお店が多いので、居酒屋とかカラオケとかで飲みながらちょっと女の子に手出しちゃいましたみたいな雰囲気を味わうことが可能です。